デレステ攻略速報|アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ攻略・まとめ速報

6,079PV

506: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/26(火) 23:13:14.93 ID:t23SWjBId
二周年Pなんだけどさ、ポテで要求するティアラの数にゲロ吐きそうなんですけど
ようやく担当に10触れるようになったと思ったらこれだよ

 

517: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/26(火) 23:14:13.46 ID:wSfwWdvj0
>>506
それで担当とは他属性のティアラが溜まるんだよな…
かといって3:1で交換しようとは思えないけど

 

520: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/26(火) 23:14:23.19 ID:edy8Mc7Ld
>>506
ポテに必要な素材が少ないなら7か8止めにしておけばいいよ
25ptフルにないのに10振らなくてもいい

 

523: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/26(火) 23:14:38.76 ID:74o9oShY0
>>506
8か9で止めて別のに振ろう

 

529: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/26(火) 23:15:20.67 ID:fUwtJ9GCd
>>506
どうせ今は特化が必要でもないし、7までで我慢しといて後で振り直したらええやん

 

535: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/26(火) 23:16:04.99 ID:kYWZyUul0
>>506
とりあえず5-5-5-0で振って
あとは能力に合わせて8-8-9-0とかにする
今のところ10まで振るメリットにコストが釣り合ってない

 

549: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/26(火) 23:17:38.94 ID:u/iHVhEl0
>>506
2年やってても足りないからね

 

550: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/26(火) 23:17:39.97 ID:DnikNzX20
>>506
25見越して分散させて振ると500万稼ぐ頃には余るよ。
50万で特化10振るのは結構きつい。

 

1001: 2015/06/29 00:38:58 ID:

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(11)
  • No.
    1

    まあ10-10-5振ってるのはやべーやつだよな
    PLvも高いと頻繁にやってるアクティブだろうからスコアタ用の同僚としてはかなり信用できる


  • No.
    2

    1極振りしたワイ無事死亡


  • No.
    3

    10>10>5と育てていくと最初の10のティアラで躓くから、5>5>5にしてから10に上げていく形でやってる


  • No.
    4

    晴のSSR待ちしてる間はビジュに7振って後均等に振り分けてある
    晴の特技スコア伸びてくれないからファン数稼ぎが大変や


  • No.
    5

    担当だけ10/10/5振ってあとはあまり気にしてない。
    というかあとからファン集めようとすると結構辛い


  • No.
    6

    10-10-5で得られるステータスの上昇値が1220でティアラの要求数が32
    9-8-8で得られるステータスの上昇値が1200でティアラの要求数が8

    担当は10-10-5、他は9-8-8で振ってる
    ポテンシャルの解放が実装されて、トリコロールセンターが主流だったこともあって、特化ステータスに10振ってある子が多いけど、今にして思えば担当以外は9-8-8で良かったかなーと思う


  • No.
    7

    8-8-9はなんか耐えられないから5-10-10にしちゃう


  • No.
    8

    個別にリセット出来るようにならないかなあ・・・


    • No.
      8.1

      要望送ろうぜ
      声が増えたら対応するかもだし


    • No.
      8.2

      それ出来るようにしちゃうと、ファン数多いアイドルをイベント毎に振り分けるだけになっちゃうから、
      それはこんだけいろんな種類のアイドルが存在するゲームデザインの運営が望むスタイルではなかろうて。


  • No.
    9

    先に10振ってしまった子は10-8-7
    後の子は9-8-8にしてる


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    このページのトップヘ