デレステ攻略速報|アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ攻略・まとめ速報

3,363PV

123: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/30(日) 13:46:30.62 ID:ChJGu5Tv0

ルームアイテムの倉庫が最大拡張しても空きが残り10になってしまった
最大数が増えてくれないともうルームアイテムを買えない

皆はルームアイテムどうしてます?

 

128: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/30(日) 13:47:31.49 ID:GTtnbArB0
>>123
限定以外で使いそうもないのは売る
とにかく売る

 

130: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/30(日) 13:48:05.11 ID:iZAXrpoT0
>>123
売って必要な時に買いなおせばいいよね

 

136: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/30(日) 13:48:32.57 ID:4oXrpvGt0
>>123
最大拡張してもまだ足りないよ
仕方ないから買える奴で使わないのは売っちゃって模様替えの度に買い直してる

 

151: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/30(日) 13:52:43.27 ID:ChJGu5Tv0
>>128
>>130
>>136
やっぱり売るしかないのか
チクショーメ

 

1001: 2015/06/29 00:38:58 ID:

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(16)
  • No.
    1

    なんでそんなルームガチ勢なんだ……


  • No.
    2

    結局ルームも断捨離が必須なんだよなぁ~


  • No.
    3

    壁床背景以外イベント系とかの売れない家具縛りで部屋作るのオススメ
    それなりに見える作りができると達成感があるし倉庫が開けられる


  • No.
    4

    所持数圧迫するからSSRが当たってもプレボからポスターを出さなくなった


    • No.
      4.1

      ワイはSSR当たった日付がわかるという理由で
      ポスタープレボに入れっぱなし


  • No.
    5

    昔は季節ごとに弄ってたけど、倉庫圧迫しはじめてからはめっきり
    トロフィー専用倉庫とかイベント家具専用倉庫とかあれば少しは負担減るんだがな


  • No.
    6

    イベントとかで欲しくもないアイテムを渡されて、それが売ることも出来ないってのが続くから、圧迫される


  • No.
    7

    収納数があれで最大だと言うなら、お望み通り家具売るよ。
    だからさ……
    限定と恒常のタグ分け機能と、マイルーム機能で家具を一括配置する際に、不足している家具を自動で購入して配置する機能をつけて欲しい。


  • No.
    8

    イベントで手に入るルームアイテムとかも売却できるようにしてほしいな


  • No.
    9

    女子寮の方も最大まで建設してるのに満員で困る
    来月のアニバーサリーに合わせて拡張してくれないかな


  • No.
    10

    倉庫もそうだけど
    ルームマイセットの数が足りない
    もっとテーマごとのルーム作りたいのに・・


  • No.
    11

    普段表示しない方の部屋に家具をごちゃごちゃに置きまくってるPちゃんを見ると、ああ、もう倉庫に入らないんだなーって…


  • No.
    12

    売却不可のアイテムは別カウントにしてほしいとは思う。
    なんかこう、RPGでいうところのアイテムじゃなくて、だいじなもののところに入れられる感じの別倉庫がほしい。
    ぶっちゃけセンス無いからルームは最近弄ってないけど、むしろあんまやらないからこそ邪魔っちゃ邪魔なのよ。
    イベント家具とトロフィー(しかも銅……)とパレード以外であまり使い道の無いマニーでプレボぱんぱんなのよ。


  • No.
    13

    一度買ったことのあるやつは半額くらいにして欲しい。倉庫圧迫するから売ってるけど、買い直すのもマニーがもったいない


  • No.
    14

    飾らないとトロフィーとポスターが地味にかさばるんだよな


  • No.
    15

    ポスター用やトロフィー用で別枠を用意してほしい


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    このページのトップヘ