デレステ攻略速報|アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ攻略・まとめ速報

12,628PV

48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/28(火) 02:17:56.21 ID:Nozm893za
 
これ公式って聞いたんですけどなんて作品ですか

 

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/28(火) 02:18:41.20 ID:ZO+uSMmIa
>>48
コミックアンソニー

 

58: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/28(火) 02:21:17.42 ID:Nozm893za
>>50
公式同人的なやつか
あざす

 

78: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/28(火) 02:30:15.57 ID:KGpO6kcz0
>>50
おチビちゃん
泣いてる顔より笑った顔のほうが可愛いよ
みたいなこと言ってくる本怖い

 

55: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/28(火) 02:20:35.48 ID:Kuk82uIm0
>>48
このユッコめっちゃくちゃかわいい!

 

77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/28(火) 02:30:01.35 ID:H4596pW9p
ゆっこは割とガチ

 

ユッコちゃん可愛いですね!これに収録されているようです。
1001: 2015/06/29 00:38:58 ID:

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(26)
  • No.
    1

    ユッコと付き合えたら毎日がサイキック楽しいんだろうなあ


  • No.
    2

    ユッコがかなりのPラブ勢であることはもっと広まって欲しい


    • No.
      2.1

      劇場のバレンタインユッコの回、大好きですわ


    • No.
      2.2

      ゼッケンズでマジに絶対特権主張してくる子がいるとすれば、間違いなくユッコだよね
      というかホームでそんなようなことを言ってた気がする


  • No.
    3

    ユッコPのワイ、画像が可愛すぎて即死


  • No.
    4

    アンソロって公認してるだけで非公式って認識だったんだけど公式扱いでええの?


    • No.
      4.1

      アイマスは公式漫画だろうが、公式アニメだろうが、公認同人誌であろうが、作品ごとの世界線であり派生しないんだからどっちでもいいかな


  • No.
    5

    ああ、あのコミックオントロジーのね。


  • No.
    6

    Pさんlove〜♪


  • No.
    7

    コミック大トニーって全部でいくらくらいするんやろ


  • No.
    8

    サムネ見てウサミンかと…。

    中の人「キャハッ☆」


  • No.
    9

    同じところからとても乙女なユッコも紹介しておきますね


    • No.
      9.1

      光の速さで保存しました
      ありがとうございました。


  • No.
    10

    俺はユッコが最初から居たら担当だったかもしれない


  • No.
    11

    どのユッコもルームでPへの愛を凄い語る


  • No.
    12

    ユッコは良いぞ元気になる


  • No.
    13

    あんさんぶるとかシャッフルも今読み返すと、新しい発見があるかも知れないねー


    • No.
      13.1

      あんさんぶる好きだったなあ
      なるべくたくさんアイドル出そうとしてくれてたし、絵も可愛かった
      ネタも結構面白かったし


  • No.
    14

    アンソニー?


  • No.
    15

    この人は乙女なちゃんみおも描いてたよね


  • No.
    16

    サイキック乙女力


  • No.
    17

    自分にとってはユッコのセリフがアイマスユニバースで一番股間にくる


  • No.
    18

    サムネのユッコの破壊力よ


  • No.
    19

    アホ可愛いという唯一無二の個性にルックス。それでいてかなりのPラブっぷり。こりゃ人気あるのも頷けるわ、限定ガシャ回しとけば良かった


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    このページのトップヘ