デレステ攻略速報|アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ攻略・まとめ速報

7,204PV
CraIg-EXgAABEil
IMG_4142 3fddfa07ffb9d4a9b321049d0bbb9eb0 49e5a4f5eb8316ccd01d47041d00d239
1001: 2015/06/29 00:38:58 ID:

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(28)
  • No.
    1

    カボチャパンツなので年少組が似合う感じ
    ただ胸のライン強調される衣装なので年長組もなかなか


  • No.
    2

    担当だけ新衣装&センターにしてSSR気分味わう奴wwww

    私です


  • No.
    3

    おっ◯い揺れるぞーうぉぉぉぉおおおお


  • No.
    4

    まだssが実装されてないお嬢に新しい衣装を着せてあげられて涙がでそう。お嬢は赤がよく似合う


  • No.
    5

    飛鳥くん、髪がオレンジだからか新衣装くっそ似合う


  • No.
    6

    素晴らしい…欲を言うなら青と黄色のカラバリあると良かったがここまでやってくれたなら何も語るまい


  • No.
    7

    SSRも通常衣装にできるのか。統一感が欲しいときにはいいかも


    • No.
      7.1

      と言うことは髪降ろした蘭子も楽しめるのか!
      最高じゃねーかヒャッホゥ!
      まぁ持ってればの話なんですがね(嘆息


      • No.

        残念ながら衣装変えると蘭子は髪を結びます


        • No.

          がーんだな…ってことは髪型のデータは衣装とセットで設定されてるってことか


          • No.

            あくまで恒常衣装の追加だからね
            残念だがそこは仕方ないさ


    • No.
      7.2

      キャラバンの時にセンターを星15のSRにするからSSR入れると一人だけ衣装間違えちゃった人みたいになってたのが解消できて嬉しい


  • No.
    8

    かぼちゃパンツがスカート短すぎてずっと露出してるから
    これならもうちょっとスカート長くても良いんじゃ?


  • No.
    9

    相対性SSR理論の次元が上がったでござる


  • No.
    10

    これも良いけどシンデレラって青のイメージあったから赤系衣装はちょっと驚いた


  • No.
    11

    タイと時計についてる剣状のアクセの色が属性ごとに違うのが地味にうれしい
    あと旧衣装よりも脚の動きがよく見える気がする


  • No.
    12

    奏に着せると王子様感もあってすごくいい


  • No.
    13

    ちゃま似合いすぎて嬉し泣きしすぎてゲロ吐いた


  • No.
    14

    個別で衣装設定できる機能が付いたという事は将来的に衣装の販売も来るか…


  • No.
    15

    個別設定可で感動した
    本家でもワンフォーオール以外は個別にできないのに


  • No.
    16

    恥ずかしい話、おっぱいがたまりません


  • No.
    17

    これこれ。このSSRでも通常衣装へのチェンジやりたかったんだよね。
    例えばNGで3人はSSR衣装、端の二人はSSRなんだけども衣装合わせたりとかしたいな~って思ってた。
    2人ユニットなら前二人新規衣装、後ろ3人共通衣装とか。


  • No.
    18

    かぼぱんに逆に目がいく


  • No.
    19

    このクオリティが無料で手に入るなら無理して特別衣装目当てにガシャする必要ないな(ガシャガシャ)


  • No.
    20

    純情midnight伝説とかめっちゃおっぱいぶるんぶるん揺れてたんだな!嬉しいんだけどもうちょっと揺れは控えめの方がリアルなんじゃないか?


  • No.
    21

    ゼッケンズにこれ着せて絶対特権主張しますっ!流すと似合いすぎて頬濡れる


  • No.
    22

    おっぱい強調されすぎすごい


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    このページのトップヘ