デレステ攻略速報|アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ攻略・まとめ速報

3,364PV

147: 名無しさん@おーぷん 2019/02/01(金)13:40:06.913 ID:Mwl
楓さんって人見知りらしいけどそこからどうしてオヤジギャグを学んだのか

 

163: 名無しさん@おーぷん 2019/02/01(金)13:40:53.412 ID:0yK
>>147
父親とか

 

166: 名無しさん@おーぷん 2019/02/01(金)13:41:02.506 ID:NC4
>>147
人見知りの人が会話のタネにするために一発ギャグとか学び始めるのは割とあるあるだぞ

周りに似たような人知ってるからわかる

 

172: 名無しさん@おーぷん 2019/02/01(金)13:41:54.411 ID:K2q
>>166
メンタル凄そう(別の意味で)

 

192: 名無しさん@おーぷん 2019/02/01(金)13:43:16.224 ID:NC4
>>172
いやちがう、話題合わないから無理やり混ざるために言うんだよ
話聞きながら急に割り込むように一発ギャグというかダジャレっぽいこと言って話の腰折ってくるんだよ……

反応しないのも可哀想だしなんというかね?

 

206: 名無しさん@おーぷん 2019/02/01(金)13:43:59.396 ID:UFu
>>192
このスレでもよく見かける

 

215: 名無しさん@おーぷん 2019/02/01(金)13:44:39.697 ID:xsM
>>206
だじゃれで割り込むやつは誰じゃ

 

217: 名無しさん@おーぷん 2019/02/01(金)13:45:02.015 ID:AEA
>>215
お前じゃ

 

234: 名無しさん@おーぷん 2019/02/01(金)13:46:32.437 ID:K2q
>>192
でも言えるだけ凄いと思うわしらけても良いという意志が無いと言えないし

 

1001: 2015/06/29 00:38:58 ID:

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(15)
  • No.
    1

    ていうか人見知りで会話に入れないけど会話自体には興味あって、人の会話を聞きながら心の中であれこれ考えてた結果がオヤジギャグなんじゃないかな・・・


    • No.
      1.1

      つまりシューコさん→楓さんという進化ルートもありと。
      いやシューコさん人見知りっぽくはないけど。


    • No.
      1.2

      シャーマンキングのリゼルグいわく、人見知りするのは思慮深い証拠なんだそうだ
      この理屈で言うと、その思慮があさっての方向に向かった結果がダジャレなんだろうね


  • Pingback: 【デレステ】人見知りの楓さんがどうしてオヤジギャグを学んだのか【雑談】 | アイマスあんてなポータル

  • No.
    2

    和歌山も関西だし(偏見)
    日常会話にテレビやラジオじゃないの?


  • No.
    3

    初期からずっと死に設定になってるな


  • No.
    4

    オヤジギャグって誰かから学ぶものなのか?


  • No.
    5

    人見知りなのか…
    泥酔させて、簡単にやれそうなイメージ。


    • No.
      5.1

      なお泥酔させられた模様


      • No.

        早苗さんとかユッキとかみじゅきとか
        寝ゲロからの窒息が心配で気が気じゃねぇ…
        まぁその前にワイもゲロ塗れじゃろうけど。


        • No.

          この話題からなぜここまでコメントが汚くなったのか


  • No.
    6

    人見知りだからこそ何か気の利いたこと言って場を和ませないと→ダジャレに
    ああ、これは黒川さんルートだ…


  • No.
    7

    今晩の献立とか、物思いにふけりがちな楓さんなので、
    人付き合いがどうのとか関係なしに、一人でぼーっとしているときに脳裏に浮かんでくるんだろうなって感じがする。
    (それを披露できる相手が増えたのは楓さんにとって幸せだろうと思うけど)


  • No.
    8

    人見知り→ひとり遊び→言葉遊び→ダジャレ


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)


    このページのトップヘ