デレステ攻略速報|アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ攻略・まとめ速報

4,624PV

584: 名無しさん@おーぷん 19/05/30(木)07:51:05.828 ID:5NT.bn.xp
このスレのモバPと千夜ちゃんの遠慮無さすぎる関係性は何なの……
至近距離を拳で殴り合うみたいな

 

592: 名無しさん@おーぷん 19/05/30(木)07:52:43.131 ID:5Tt.zj.5l
>>584
そういう悪友みたいな関係のヒロイン好きだからね、仕方ないね

 

597: 名無しさん@おーぷん 19/05/30(木)07:53:21.753 ID:YU4.vi.i5
>>584
気持ちよく殴り合えるしな

 

604: 名無しさん@おーぷん 19/05/30(木)07:53:58.443 ID:EU5.2b.i5
>>584
至近距離「痛いよぉ…」

 

587: 名無しさん@おーぷん 19/05/30(木)07:51:55.357 ID:fP4.lr.i5
あっちが遠慮なく罵倒してくるならこちらは甘んじて受けるか徹底抗戦の二択よ

 

590: 名無しさん@おーぷん 19/05/30(木)07:52:03.563 ID:aGh.37.46
千夜ちゃんとモバPは拳で語り合う強敵だから

 

591: 名無しさん@おーぷん 19/05/30(木)07:52:24.576 ID:QaZ.rl.gz
太陽が落ちるまで拳を握り殴りあって

 

本音でぶつかりに姿勢・・・!
1001: 2015/06/29 00:38:58 ID:

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする
タグ

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(17)
  • No.
    1

    「距離が近すぎでは?」
    「事案ね」


  • Pingback: 【デレステ】千夜ちゃんとの距離が近すぎるPちゃんたち。【雑談】 | アイマスあんてなポータル

  • No.
    2

    千夜ちゃんにはセクシーでかわいいどうぶつコスプレショーの仕事を取ってきたい


    • No.
      2.1

      ちとせがやるならどんな仕事もやってくれそう


  • No.
    3

    とときら送りしてみたい
    ちとせお嬢様は楽しんでくれるはず!


  • No.
    4

    最近の二次創作界隈だと晴や拓海みたいに(本人が)恥ずかしい衣装着せるパターンちょくちょく見るな
    そのせいかだんだん気になってきた


  • No.
    5

    (別に近くは)ないです
    あんな無愛想な小間使いと距離を縮めたくもないんで


    • No.
      5.1

      じゃあ誰とお近づきになりたい?
      ま、どうせエアプでそんな子は挙げられないんだろうけどw


      • No.

        放っておけばいいのになんでいちいち煽るんだか(呆れ


  • No.
    6

    おまえ呼びで無駄に敵作った典型

    こどおじPには早かったんや


  • No.
    7

    二次創作だとキレキャラになってるよな
    公式でもキレながらお前って言うようなキャラだったらまだ受け入れられたんだろうけどあのテンションのお前は無理…


  • No.
    8

    好き嫌い分かれるキャラだよな
    あと「千夜嫌いな奴は社会経験無い」ってのをたまに聞くけど、社会経験あるからこそ嫌いって人も多いやろ
    まぁあんまり大声で「こいつ嫌い」って言うのもどうかとは思う


  • No.
    9

    とりあえず、立場を理解させる必要性があるよね。
    レッスン後、個別指導部屋に連れて行き、一晩教育しよう。


  • No.
    10

    媚びられることが好きな人も居るし、塩対応に安心する人もおる、人の性癖はそれぞれよ


  • No.
    11

    銀英伝のキャゼルヌ中将みたいに遠慮なく言うべきことを言えるキャラは貴重だから期待してる
    いずれは気軽に毒舌や罪のない揶揄の応酬を楽しみたい


  • No.
    12

    徹底的に媚びられないとダメな人には無理だろ
    最近のなろうが流行る理由も納得


  • No.
    13

    時子様みたいに振り切った感じならまだ良いけど他のアイドルとのやりとり見てるとシンプルに失礼なんだよな


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)


    このページのトップヘ