デレステ攻略速報|アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ攻略・まとめ速報

7,057PV

「デレステ 北条 限定」の画像検索結果

596: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/07(月) 23:03:57.79 ID:B8cyV6V90
加蓮はモデル修正して欲しいな
多分目だよな違和感あるの

 

630: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/07(月) 23:06:57.59 ID:8dXGHepA0
>>596
顔の形にも問題があるような

 

633: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/07(月) 23:07:18.48 ID:U6Fz5anv0
>>596
確かにちょっと変よな

 

671: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/07(月) 23:10:14.74 ID:B8cyV6V90
>>630
>>633
とは言え限定来たタイミングで微調整も何も無かったから暫くは無いんかねぇ
3D化し辛いタイプなのかもしれんが

 

687: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/07(月) 23:12:05.51 ID:1uyqSlLr0

加蓮のモデルかわいいと思ってたたけど真顔のときとかもうちょっと可愛くしてほしいなぁ
でもかわいい…かわいいよ加蓮

skx59hj e7bt904

 

736: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/07(月) 23:16:06.73 ID:8dXGHepA0
>>671
一応要望は出したけどすぐには無理だろうなぁ
イラストは可愛いだけにちょっと残念

 

1001: 2015/06/29 00:38:58 ID:

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(16)
  • No.
    1

    イラストの可愛さがないよな


  • No.
    2

    違和感が若干あっても、可愛いのが加蓮の素晴らしいところ
    是非とも、修正してもっと可愛いくなってほしい‼︎


  • No.
    3

    加蓮は割とすっきりした顔立ちの美人だからイラストの絶妙なバランスの再現が難しいんだろうね


  • No.
    4

    今のモデルの加蓮も100点満点で可愛いと思うぞ
    だが200点300点の可愛さになれる伸びしろがあることもまた事実だ


  • No.
    5

    もう少し目と瞳が大きいのかもしれない
    一番下とかかなり加蓮の可愛さが出てる


  • No.
    6

    とときんも直してください
    目が見開きすぎてる感じが怖い
    たぶん瞳が小さいんだと思う


  • No.
    7

    そもそも加蓮は原作からして構図によって顔の形というかそういうのが変わるタイプのイラストが多いんだよな
    もちろん全部同じ比率にすると逆に違和感出るから構図で変えるのは当たり前なんだが上向き下向きのイラストとか比べると目のサイズとかが他のキャラ以上に違ったりする
    3Dで一括して作るとそこ再現難しいからな


  • No.
    8

    突き詰めるとカマキリみたいに見えてくるよな。

    バランス修正お願いします。


  • No.
    9

    加蓮はロンパってる風に見えるんだよね


  • No.
    10

    モデルの目が少し小さそうってのは確かに思うなぁ…
    その分、目をくっきり開けてキリッと決める感じのMVだと半端なく美人で感動する


  • No.
    11

    イラストに合わせてか知らないけど
    白目部分が大きくて、瞳が縦長で小さいんだよ
    瞳を大きくするだけでマシになると思う


  • No.
    12

    (恒常の杏もお願いします)


  • No.
    13

    見てると違和感を覚えるけど具体的にどこがおかしいのかはよく分からないタイプのモデリング
    修正前しぶりんもそんな感じだったな…


  • No.
    14

    車運転中に現行型アルトとすれ違うとき、加蓮に似てるといつも思う


  • No.
    15

    デレステだけでモバやってないんだけど、
    加蓮のモデリングはRのイラストには似てるけどSSRと比べるとかなり違和感がある
    上手く言えないけどキラキラ感が足りないっていうか


  • No.
    16

    髪丸めてる部分がアンモナイトくっつけてるような感じになってる話かと思ったよ


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ